日々の暮らしを支える情報をお届けします

※子連れ旅行前のチェック!必要な荷物と、荷物を減らす工夫とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お子さんができて初めての旅行、またはお出かけに慣れていない方にとって、忘れ物がないかどうかというのはとても心配ですよね。

せっかく親子で出かけるのであれば、なんの不安もなく、荷物も完ぺきな状態で出かけたいところです。

しかし、本当に小さいお子さんをお持ちの方にとっては、旅行の荷物を持つことも一苦労…

忘れ物が無いように、ただ沢山のものを詰めるだけでは、旅行先につく前に疲れてしまいます。

そこで今回の記事では、子連れの旅行前にチェックしておきたい、絶対に持っていきたい荷物と、

荷物を減らすための工夫についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お出かけ前の要チェック!子連れの旅行に必要な荷物とは?

大人だけで行く旅行と、子連れ旅行の場合、実は思っている以上に荷物は増えてしまいます。

なんで持ってこなかったんだろう~!ということが無いように、旅行前に荷物はしっかりと確認しておきましょう。

絶対に必要! あると便利!
紙おむつ まだおむつがとれていない方がいる場合は必須です。 携帯トイレ 車で長距離移動する場合、もしかすると渋滞に巻き込まれる可能性も…!
着替え・下着 いざとなれば買えますが、忘れずに。 レジャーシート 自然が豊かな場所にお出かけされる際には、忘れずに持っていきましょう。
子供のおもちゃ・お菓子 タブレット端末などがあると静かにしてくれる子も多いですよね。 虫よけスプレー 蚊が多い時期にお出かけされる際には、コンパクトタイプのものを1本持っていきましょう。
ビニール袋(ジッパー付も) 汚れてしまったものを入れるとき、子供が車酔いをして吐きそうになってしまったときのためにも、ビニール袋は多めに持っていきましょう。 冷却シート もしお子さんが急に熱を出してしまった場合、冷却シートがあると便利です。
おしりふき・ウエットティッシュ 子連れの場合はあると何かと便利です。なお、トイレに流せるタイプのものを選び、なるべく捨て安いものを選びましょう。 バスタオル 荷物になりますが、もしも急に雨に降られたときや、気温が思ったより低かったときなどに、子供にかけてあげられるのであると安心です。
飲み物・粉ミルク 暑い夏は、飲み物は凍らせて持っていくと、お子さんの体を冷やすこともできるので便利です。 子供用のコップ 子供用に割れにくいプラスチック製のコップなどを持っていくと、いざ喉が渇いたときなどに飲み物を共有しやすいので便利です。
酔い止め・風邪薬・整腸剤 普段から子供が飲みなれているものを、忘れずに用意しておきましょう。 食事用エプロン 食事用エプロンがあると、食事の際も洋服を汚しづらくなるので便利です。
絆創膏・消毒液 旅行に行くと、子供は特にはしゃいでしまうもの…!怪我をしてしまったときのために用意しておきましょう。 体温計 お子さんの調子がおかしいなと思ったとき、すぐに体調を確認できます。
日焼け止め 夏にお出かけする際には、お子さんの肌を守るためにも日焼け止めは必須です。 裁縫道具 いざという時のために、コンパクトなものを1つ持ち歩いておくと便利です。
健康保険証・母子手帳 子供の体調が悪くなってしまった時には必須となりますので、忘れずに! エコバッグ 必要なものをいちいち大きなカバンから出すのは大変です。すぐに取り出したいものはエコバッグに入れておくと便利ですよ。

このように、お子さんと一緒にお出かけされる際には、いざという時のあった方が良いものが沢山あります。

しかし、こういったものをすべて持って行き、かつ自分の着替えなども持っていくと、荷物が大変なことになってしまいます…何か良い方法はないのでしょうか?

スポンサードリンク

途中で必要な荷物以外は、ヤマトの往復宅急便で郵送してしまおう!

家から旅行先まで、お車で移動されるのであれば特に問題ないと思いますが、

例えば、結構距離が離れている場所まで、電車やバスなどの公共交通機関を利用していく場合、

重い荷物を持って、かつ子供を見ながら移動するとなると、行く前から不安になってしまいますよね…!

そんな方に便利なサービスが、

クロネコヤマトが提供している

往復宅急便」のサービスで、

なんと、旅行先まで荷物を届け、さらに旅行先から家まで荷物を届けてくれるという超便利なサービスなのです。

もちろん、片道のご利用も可能ですよ。

お値段は、関東~関西までの距離で、以下のようになっています。(以下の画像は往復の料金です。)

出典:ヤマト運輸公式サイト

大きな荷物になるほどお値段はかかりますが、3000円くらいであれば、十分に利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

特に、帰りはお土産などもあると思いますので、それを電車で持って帰るのって相当大変ですよね…!

往復宅急便では、営業所に持ち込んで依頼をするのも可能ですし、集荷依頼も可能です。

ちなみに、営業所に直接持ち込むと100円割引となり、往復利用の場合はさらに100円引きとなります。

せっかくの旅行なので、なるべく荷物は減らして楽しみましょう(^^)

まとめ

子連れの旅行が初めての場合、不安はあると思いますが、せっかく出かけるなら楽しまなければ損です!

特に、荷物が重いというのは、せっかくのいい気分を台無しにしてしまいますので、できる限り荷物は減らすようにしましょう。

また、お子さんが既に大きくなってきた場合には、旅行前にお気に入りのリュックなどを買ってあげて、自分の荷物を自分で持つように決めれば、さらに親の負担は減ります。

そういった工夫や、ヤマトの往復宅急便などを利用して、身軽な状態で旅行を楽しみましょう!

そして、何より旅行は早めの準備が大切です。

忘れ物が無いようにしっかりと準備して、旅行を楽しんでくださいね(^^)

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© まごろぐ , 2018 All Rights Reserved.