日々の暮らしを支える情報をお届けします

「いとこの子」「はとこの子」の呼び方について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

親の兄弟姉妹の子供を

「いとこ」と呼びますが、

親のいとこの子供を

「はとこ」と呼びます。

ただ「あなた」と「はとこ」の関係性を言い換えると、

はとことは、親の親の兄弟姉妹の子供の子供です。

いとこ、はとこと遠ざかっていくにつれて、共通の祖先が1世代ずつ上へとずれていきます。

そのため、あなたといとこは祖父母が同じですが、あなたとはとことでは曽祖父母が同じです。

そして、さらにそれより1つ遠い同世代の親戚

みいとこ」と呼ばれます。

詳しくは、以下の家系図をご参照ください。

↓画像をクリックすると拡大されます↓

みいとことあなたは高祖父母が同じです。

つまりひいひいおじいちゃん、ひいひいおばあちゃんから見ると、

  • あなた
  • あなたのいとこ
  • あなたのはとこ
  • あなたのみいとこ

は皆「玄孫(やしゃご)」という関係性なのです。

このように、みいとこまで行くとあまり呼び方など意識したことがない方がほとんどだと思いますし、現実的にかかわる機会もあまりないと思いますが、

今回の記事では、実際にあなたがかかわりを持つかもしれない、いとこの子やはとこの子の呼び方について詳しく解説いたします。

スポンサードリンク

「いとこの子」の呼び方について

はとこの子まで行くとなかなかかかわりを持つ機会は少なくなると思いますが、いとこの子であれば今後皆さんも関わる機会が出てくるかもしれませんね。

まず、そもそも自分の兄弟姉妹の子供を

  • 男の子なら「甥(おい)」
  • 女の子なら「姪(めい)」

と言いますが、

いとこの子の場合の呼び方は

  • 男の子なら「従甥(いとこおい)」
  • 女の子なら「従姪(いとこめい)」

と言います。

ただし「いとこおい」「いとこめい」は和名の読み方(訓読み)であり

それぞれを音読みで

  • 従甥は「ジュウセイ」
  • 従姪は「ジュウテツ」

とも読みます。是非両方覚えておきましょう。

「はとこの子」の呼び方について

それでは次にはとこの子の呼び方になりますが、

はとこの子は「再」という感じを付け足して

  • 男の子なら「再従甥(はとこおい)」
  • 女の子なら「再従姪(はとこめい)」

と言います。

ただし、こちらも音読みでは

  • 再従甥は「サイジュウセイ」
  • 再従姪は「サイジュウテツ」

とも読みます。

ちなみに

  • 「おい」「めい」が訓読みで、
  • 「セイ」「テツ」が音読みです。

音読みはもともと中国由来の読み方なのでそれ自体では意味が分かりにくいものが多く、訓読みは日本に入ってきてから定められた読み方ですのでそれだけで意味が分かるものが多いという特徴があります。そもそも漢字字体が中国からはいってきたものですので、音読みの方がかたい読み方のように感じられます。

スポンサードリンク

「いとこ」「はとこ」の書き方について

あなたにも何人かの「いとこ」がいらっしゃるかと思いますが、

「いとこ」を漢字で書こうとすると、

相手が女性か男性か、自分から見て年上か年下かという理由などから様々な書き方をすることが出来ます。

例えば、以下の文字はすべて「いとこ」と読むことが出来ます。

  • 従兄弟
  • 従姉妹
  • 従兄妹
  • 従姉弟
  • 従兄
  • 従弟
  • 従姉
  • 従妹

そして、これに「再」という文字を付け足すと、それを「はとこ」と読みます。当て字のようにして読むのですね。

ただし「はとこ」の呼び方は実は1つではなく、

はとこのことは「ふたいとこ」「またいとこ」とも呼んだりすることがあります。

このふたいとこの場合、漢字としては

例えば「二従兄弟」のように書きます。

ここからわかりますように、例えば一番最初にお話しした「みいとこ」は

三従兄弟」のように書きます。

そして、そのみいとこの子供のことは

  • 三従甥「サンジュウセイ」
  • 三従姪「サンジュウテツ」

のように書きます。

それより遠い同世代の親戚は「四従兄弟」「五従兄弟」と続いていくので、あとは同じ要領で書くことが出来ます。

例えば親がいとこ同士で仲が良く、その子供のはとこ同士が仲よくなった場合、もしかするとその子供が三従兄弟同士で仲が良いという方もいるかもしれませんね。

中々ないことだと思いますが、もしかすると三従兄弟まで離れた親戚とはむしろ知らない間に関わっていることがあるかもしれません。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© まごろぐ , 2018 All Rights Reserved.