日々の暮らしを支える情報をお届けします

【解説】パスポート申請時に必須!戸籍謄本と戸籍抄本の違いとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

海外へ旅行される場合にはパスポートが必要になりますが、

そのパスポートを取得するための申請時には

戸籍謄本」または「戸籍抄本」のいずれかが必要になります。

この戸籍謄本と戸籍抄本は、どちらもあなたの身分を証明してくれる書類のことであり、

  • 戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」
  • 戸籍抄本は「戸籍個人事項証明書」

とも呼ばれます。

「謄本」と「抄本」というだけではわかりにくいですが、それぞれの言葉には以下のような意味があるのです。

  • 謄本:その原本の全てを書き写したもの
  • 抄本:その原本の一部を書き写したもの

つまり、

ある戸籍に属する全ての人(例えば父母子)の情報を書き写したもののことを戸籍謄本と呼び、

ある戸籍に属する個人の情報だけ(例えば子)を書き写したもののことを戸籍抄本と呼びます。

大まかな違いは上記の通りですが、

今回の記事では、戸籍謄本と戸籍抄本のそれぞれの違いについて画像付きで更に詳しく解説いたします。

スポンサードリンク

そもそも戸籍とは?

戸籍謄本戸籍抄本の違いは、先の別名からわかりますように、全部か個人かという違いです。

まず、そもそも私たちは皆「戸籍」という1つのくくりの中に登録されているのですが、

もしもあなたが未婚の場合には、

親夫婦が作った戸籍に属しており、

もしもあなたが既婚の場合には

夫婦として結婚する際に作った戸籍に属しています。

つまり、誰かと結婚をされる際には、親夫婦が作った戸籍から抜け、新たに作った戸籍に入籍するのです。

そのため、戸籍の情報は常に親子二代まで(夫婦のみ、もしくは夫婦と未婚の子)の情報で構成されており、

あなたと祖父母が同じ戸籍に属していることはありません。

そして戸籍とはそもそも「夫婦や親子の関係を公的に証明するための文書」のことを言い、

あなたがいつ生まれたのか、いつ結婚したのか、配偶者は誰なのか、といった情報が記載されています。

「戸籍謄本」と「戸籍抄本」の実例【画像】

以下の画像は見本であり、架空の人物をもとに作製していますが、

  • 山田太郎(父)
  • 山田花子(母)
  • 山田一郎(子)

という家族がいた場合、戸籍謄本は以下のようになります。

そして、戸籍抄本とはこのうちの特定の人物に関する情報のみを書き写したものであり、

例えば山田一郎(子)の戸籍抄本を取得すると以下のようになります。

ちなみに戸籍謄本・戸籍抄本の一番上には本籍と氏名を書く欄がありますが、

これはその戸籍の本籍地と、戸籍の筆頭者の名前が書かれている欄になります。

筆頭者とは戸籍の代表者のことであり、基本的には父親が筆頭者となっていることがほとんどです。

スポンサードリンク

戸籍謄本と戸籍抄本の取得の値段は同じ

戸籍謄本もしくは戸籍抄本が必要になるときというのは、基本的には戸籍謄本を取得しておくというのが間違いないでしょう。

パスポート取得の際も戸籍謄本を取得しておけば問題ありません。

なお、戸籍謄本と戸籍抄本は、戸籍謄本の方が詳しく情報が書かれていることになりますが、

その取得の値段はどちらも同じで、役所の窓口で取得する際には全国でおおむね450円で統一されています。

「おおむね」というのは、実は現在はその値段を各役場ごとに定めて良い決まりとなっているものの、

以前の手数料から変更されずに、そのまま「450円」になっているところが多いのです。

値段が変わらないのであれば、戸籍謄本を取得しておくという方が無難ですよね。

なおパスポート申請時には、戸籍謄本のコピーではなく、必ず原本を持参するようにしてください。

パスポート申請時の注意点

初めてパスポートの申請を行う場合、わからないことが沢山あると思いますが、

まず、パスポートの申請はインターネットによる受付などは行われていませんので、必ず各都道府県の申請窓口に足を運ぶ必要があります。

そのため、二度手間にならないようにあらかじめきちんと準備をしておきましょう。

なお、パスポートの申請において、見落としがちになりやすいポイントとしては以下のような点が挙げられます。

  • 海外へ渡航する場合には、0歳の赤ん坊でもパスポートが必要
  • 赤ん坊のパスポートを受け取りに行く際には、赤ん坊でも必ず同伴が必要
  • 20歳未満の場合、10年用のパスポートは申請できず、5年用のパスポートのみ申請可能
  • 申請、受取と2回足を運びますが、料金は受取で足を運んだ際に支払う

その他、パスポートの申請に関する詳しい情報は以下の記事で詳しくまとめていますので、併せて是非ご確認ください。

>>>【解説】パスポートの申請はいくらかかるの?

最後に

今回の記事では、パスポートを取得する際に必要になる戸籍謄本と戸籍抄本の違いについて解説いたしました。

戸籍謄本、戸籍抄本といわれると意味が分かりづらいですが、

戸籍の情報を全部写したものが戸籍謄本、個人のみを写したものが戸籍抄本となります。

ちなみに、戸籍謄本を取得する場合には、その戸籍に属する方なら誰がとっても同じものが渡されます。

そのため、あなたが取得するのと、あなたのご兄弟が取得するのとで、戸籍謄本に記載されている人間の順番が変化することはありません。

今回の記事が参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© まごろぐ , 2019 All Rights Reserved.