まごチャンネルを開発した会社「チカク」について紹介!

\ お得な商品をチェック /

昔に比べ、日本人が親子三世代で関わりを持つ機会は減ってしまったように感じられますが

そんな親子三世代のつながりを支えるべく開発されたのがまごチャンネルという製品です。

こちらのまごチャンネルをテレビに接続すると、子夫婦がスマートフォンで撮影したお孫さんの写真や動画が、祖父母が暮らすご実家のテレビで簡単に見ることが出来るようになります。

若い人同士ならスマホで写真や動画を送りあうことができますが、まごチャンネルは、そんなスマホやパソコンが使えない高齢者の方でも使いやすいとても素晴らしいサービスです。

そこで今回の記事では、このまごチャンネルを開発した株式会社チカクとはどんな会社なのか、なぜまごチャンネルを開発したのかという部分について詳しくご紹介いたします。

スポンサードリンク

目次

まごチャンネルを開発した企業「株式会社チカク」とは?

まごチャンネルは2016年にその販売が開始され、今では沢山の利用者の方々がいらっしゃいます。

まごチャンネルは、離れて暮らす親子三世代のつながりを支える製品として注目されており

2016年度のグッドデザイン・ベスト100にも選出された非常に信頼性の高い商品です。

そして、そんなまごチャンネルを開発したのが株式会社チカクという企業であり2014年の3月に設立されたばかりの非常に新しい会社です。

ただし、このチカクにおいて重要なポストを担っている代表の方やエンジニアの方々は、博士号を持つVRの元研究者や、100万DLを記録したアプリの開発者など、まさにプロの集団です。

そして、チカク代表の梶原健司さんは、あのアップルジャパンで12年も経験を積まれたのちに独立し、他のメンバーとチカクを立ち上げられました。

また、チカクの開発に賛同した第三者の方々から多くの資金が集まり、なんと資本金は2億円を超えているというから驚きです。本当に注目されている信頼性の高いサービスなんですね。

以下の動画では、代表の梶原さんがまごチャンネルの特徴について紹介されています。

とても丁寧でわかりやすい説明ですので、是非購入の参考にしてみてください。

まごチャンネル開発のきっかけとは?

このまごチャンネル開発のきっかけは、実は梶原さんがご実家に帰省された際の出来事だったそうです。

というのも梶原さんは東京都在住で、お子さんも2人いらっしゃるそうなのですが

ご両親の実家はなんと瀬戸内海の淡路島にあり、距離にすると約600kmも離れています。

そのため、頻繁に会うことはできないわけですが、まごチャンネル開発以前、ご実家に帰りお孫さんの動画をテレビに映して見せたところ、ご両親に涙が出るほど喜ばれたそうです。

そして、ネット環境の有無や日々の忙しさなどから、きっと同じようにお孫さんと祖父母の接点がないご家庭は日本中にあると感じた梶原さんは

アップルを退社して、まごチャンネルとして提供されるサービスの開発に着手したそうです。

事実、世界の技術は日々めざましく進歩していますが、自分の祖母もスマホは使えませんし、高齢者世代の方々の中には技術の進歩と切り離された環境で生きている方は多いですよね。

だからこそ、まごチャンネルは出来るだけ簡単に使えることを追求した製品となっており

実際に購入して使ってみたところ、本当に設置も簡単で非常に使いやすく感動しました。

スポンサードリンク

まごチャンネルを利用するためには?

まごチャンネルをご利用になる場合は

受信機本体(税込み19,800円)の購入と、月々の通信料のお支払いが必要となります。

通信料は支払い方法によって違いがあり

  • 月払いの場合は
    税込月額1628円
  • 年払いの場合は
    税別月額1375円(換算価格)

となります。

  • 月払いの場合は税別1480円
  • 年払いの場合は税別1250円(つまり一括15000円)

となっています。

つまり、年払いの方は一括16500円ということで、月払いより年間で3036円お得になります。

amazonか公式サイトでのみ購入でき、料金はどちらで購入する場合も同じです。

まごチャンネル
created by Rinker
¥19,800 (2022/12/08 01:47:50時点 楽天市場調べ-詳細)

30日間の返品保証付きですので、気になる方は是非導入してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次